2012年03月21日

記憶にのこる植物とそら植物園



IMG_9878.jpg

 いまからもう十年くらい前の話。 姫路かどこかの植物園で、ブラジルの珍しい花が日本初開花!とニュースになった。 

これがそのブラジルの花、スティフティア・クリサンタという花木だ。 

この季節になるとうちでも7,8mくらいなった木が一斉に花を咲かせる。 うちの温室の木は親父が30年前にブラジルに単身プラントハンティングに行ったときに種を持ち帰りそれを育てたもの。ちなみに日本初開花と、ニュースになった時より何年も前にうちの温室では普通に咲いていたのだが。。。




IMG_9827.jpg
ところで先週、タイとミャンマーの国境より、みんなの好きな、”オッパイプランツ”がまた空輸されてきた。 前にも言ったけど、この植物はステファニアという植物で、食った女の人のおっぱいが大きくなるプエラリアという植物とよく似ている。けど、おれがこの植物をプエラリアと間違えて、うっかり”オッパイプランツ”と呼んでみたら、あっという間に大人気者! 瞬く間に売り切れた。 みんな、なんておっぱい好きなのだろうと感心した。 

IMG_9833.jpg

http://blog.hanau.jp/article/42311456.html

http://blog.hanau.jp/article/47539161.html



 そういえば、ショクダイオオコンニャクという巨大で美しくて臭い花を咲かせる植物を知っていますか。 去年、小石川植物で咲いて、連日人だかりになり話題を呼んだ植物だ。 そんなことをふと思い出して、 おれも”おっぱいぷらんつ”的な勢いで先週海外の友達のプラントハンターよりちょっくら10個ほど手に入れてみた。
IMG_9839.jpg


  数年後に花を咲かせるのがたのしみやなぁ。 


人の記憶に残る植物というのは、時に、気をてらったような形をしていたり、予想以上に笑えたり、ブサイクなのがかわいかったりすることもある。 明後日は千葉のガーデンショーで講演をすることになっているけど、 そういう個性あふれる植物を知ってもらい、まずは植物がめちゃおもろい! 気になる!とわかってもらえるきっかけをつくることが、これからの時代の人々をもっと有機的にするヒントかもしれない。 ほら、”森を大切にしよう”、”木を植えましょう”って言ってもいまさら聞きなれたフレーズになってるような気がしてて。だからまずはその植物がたのしかったり、人の記憶に残ったりなど、意識を変えるようなところからはじめてみるのもいいと思う


IMG_9840.jpg



 おれのなかで 植物大好き! という気持ちがどうしようもなく膨らんだ結果できた”そら植物園”。
  
製作中のHPも すこしづつやけど前進してきました  


http://from-sora.com/

愛情たっぷりやで


ではもうすぐ東京駅に到着するので
posted by seijun at 20:16| excursive plants やんちゃな木