2011年12月14日

帰国そして

香港で2回目を迎えた慈照寺国際文化交流プログラムにて。
P1100959.JPG

香港大学のステージで講演をされる須賀玄集執事。

P1100970.JPG

千宗屋さん、佐野珠寶先生による お献茶とお献花。

 最近は ”この活動がさらに実りますように”という思いから個人的に 最近実のものを用意してる。 実際は古典の立花図では、花伝書をみても実のものはあまり盛んに使われていないが今年はなんとなく自分的に、気がつくとこっそり持っていってる(笑  

今回はマユミの古木がうまく使われた。 


今回もたくさんの講座があり、香港大学を舞台にたくさんの学生や来場者が熱心に東山の伝統文化について耳を傾けた。 




P9061981.JPG

香港から関空に帰ると、風呂に入るために家に戻って、ひと眠りしたらすぐまた空港へ。今度は遠出。  飛行機を4回乗り継いで、車を4時間走らせてようやく目的地にたどり着き、仕事を終えるとまた次の目的地へ、と朝から晩まで夢中で仕事をしていた。  



P9082419.JPG]

P9082445.JPG

P9082508.JPG

ちなみに最近おれは海外出張で行ったらちょっとかわいい外車(4WDとか逆にスポーツカーとか)を借りることにしてる。 これはせっかくなので自分のテンションを高めるためと、半端じゃないくらいの距離を運転するからたのしみがないとやっていられないのが理由。そうそう、寒い日本を尻目にレゲエを聴いたりも。 大嫌いな飛行機のなかは、ネクストステージにむけて肉をむさぼるようにすごい勢いで本を読んで植物の勉強をしている。



昨日 東京に帰国して徹夜のままテレビ番組の収録へ。 この1年、たくさんテレビ番組やCM,雑誌やラジオなど出演オファーをいただいているが、ほとんど遠慮してしまったのは単純に植物に集中していたかったから。もっと正直言うと、いろんなひとにいろいろ言われてなにがなんやらわからなくなっていたのと、仕事に集中しないとやっていられない(こなしていけない)気分やった。

けど、いまはだんだん物心がついてきて、もうすこし落ち着いて考えれるようになった。そして”やっぱほんまに植物の素晴らしさをちゃんと伝えないと!”と思って少しずつご縁のあったとこにインタビューや取材などを受けている。 昨日も 久しぶりにテレビに出る気になって、レッドブルを飲んでがんばった。 収録中などにスタッフの方から”清順さん、しゃべりながらあくびしているのばれてましたよ”と言われたので”あれはゲップですから”なんて話しながら笑いながら寒さに耐えながらやりました。

どちらにせよいろんなことに関しては基本的には決まったような日程で決まった枠に当てはめるのはなかなかむずかしいかもしれないけど、”ちゃんと心が通じ合ったひとと仕事したい”という自分の基本的ルールは死ぬまで治らないし、来年からは本格的に勝負していかなあかんので、いまはいろんな可能性を模索していきたいと思っている。




そういえば、

先週のとある 海辺で朝飯を食ってると目を疑うようなくらい真っ赤な朝陽が昇りはじめて、震えるくらいきれいやった。
写真にとりたかったけど、やめた。

  毎日毎日 馬車馬のように働いて、リスクも背負ってるからこれはきっとご褒美やなと思って。



posted by seijun at 00:26| diary