2010年11月18日

これからの植物の紹介する記事

101118_1354~01.jpg

今日は、”スタイルアサヒ”の撮影でした。


  
 取材の要望を聞いたときは ”一般向へに植物のハウツー要素が入った記事を” ”ガーデニング” をいうキーワードから、 

 ”自分は卸屋なので一般の方むけに発信できるような要素がないので、コンセプト的にふさわしくないかもしれません”と思ったことをそのまま伝えると、大人な取材スタッフの方たちの柔軟さと器の大きさのおかげで、毎回計画してやってきた趣旨を変えていただき今日の取材にいたった。


とにかく植木や植物のすばらしさを世間に伝えようとしてくれるのはすばらしいことです。来年の4月、5月号です、みてね。

内容は、プラントハンターの観点から見た、これから流行るだろうと思う植物をセレクトし紹介するというもの。

実際、ベテランの植木屋さんや観葉植物屋さんから ”これからどんな植物を育てたらいいかわからないので教えてほしい”と相談を受けることはよくある。



5月号は
  ”ドライプランツ”ということで 写真のような 雨のあまり降らないところで育つ植物を中心に紹介している。水遣りの要らない庭なども提案できる。 
 写真ではオリーブ、アガベ吉祥天、 アガベ・アテナータ”ボーチンブルー”、 タイヨウラン、 仙女の舞(これはインドア用) 、ユッカ・ロストラータ 、南米ノコギリヤシ
など。 


 ちなみに写真はないけど4月号は ”エキゾチックプランツ” というカテゴリで、ちいさくてもちょっと印象的な植物や、手元においていておもしろい個性的な植物などをセレクトしています。またおれが発見し、名前をつけた新種の植物で来年から市場に発売される植物も2種類、紹介されてます。たのしみだ。






あ 虹や。
101118_1603~01.jpg



スタイルアサヒは毎月200万部発行されるので、今回紹介した植物が流行ればエエなぁ とちょっと思います。

 

posted by seijun at 22:08| for landscape , 庭木