2010年10月23日

planeta

最近よく、 ”花を活けないのですか?” とか、

      ”デザインしないのですか?”

      ”なにか、ここに花や木を飾ってほしい”と言われる。



でも絶対 おれは花を活けようと思わない。 


  答えは、 "planeta " (プラネッタ) というサイトのなかにあります。

index.jpg




 野球をやっている少年が、どのポジションを守っていても心の奥底で実は”ピッチャー”になることに憧れているように 、花で生きているすべての仕事人(つまり生産者、卸屋、流通業者など)も、 本当は 花を活けたり、デザインしたり、それを使ってなにかを創り出す立場というのに本当は憧れているような気がする。 おれもかつてはその一人やったと思う。”美しい花や木を 美しく自分で見せれたら”と憧れたことが少なからずあったと思う。 

でもいま自分が そうしないと思えるのは、 おれがいくら花や木を使って作品などを作り出したとしても、日本で1番になれないのがわかったから。いやいや1番どころか1000番にもなれないだろう。 人間どんなに努力しても才覚がなければ絶対第一線にすらなれないものだし、おれは少なくともこの花業界で世の中に通用するピッチャーにはなれないとわかった。






でもだからこそ、それと同時に日本一(ぶっ飛んだ?)の植物の卸屋になることを決意した。

そうなってからかなぁ、おれは自分自身が美的センスがないことややクリエイティブじゃないことに対しても素直に認めれるようになったと思う。 





来週、29日にplaneta というサイトをオープンさせます。

これは花宇が卸した植物や花や草木を使って活躍するひとたちが手掛けた作品などが、いけばな、フラワーデザイン、ランドスケープ、空間装飾、その他のアート作品などカテゴリ別に検索し、見れるサイトです。 また季節や植物名でも検索できるサイトです。 

 花宇ユーザーのひとは自分の作品を自分のタイミングで自由に投稿することができます。


 これから少しずつ作品を投稿してもらえるようにおれも努力していくけど、 もし花宇ユーザーのプロのひとたちが本気の作品を寄せてくれ始めたら、とてもじゃないけどおれなんて話にならないくらい クリエイティブな花仕事をみれると思う。 
 
 花宇のホームページを作ろうとずっと頭をひねってきたんやけど、結局伝えたかったのはなにかというと、
    花宇が過去に1万種類以上の植物を世に出荷した、取り扱う花材の種類の豊富さと 、
    花宇が誇るべきお客さんの仕事

 に行き着いた。

 ということで、 いつもオセワになっているみなさま、過去の作品でも、これからでも、もし花宇の植物を仕入れてなにかを創った際には、ぜひplanetaに投稿してみてほしい。 作品の一部にほんのちょっとでも花宇の植物があればそれでOKです。また第三者が投稿してもOkです。
というか意義あるサイトを作っていくうえで協力していただけるとありがたい。


代理店や業者さんを通して仕入れをしているかたは、その業者さんと相談して、取り扱い業者さんの名前をクレジットしたり、写真を撮ったフォトグラファーの名前をクレジットしたりできます。 
もちろん、過去の作品でもかまいません!


まず簡単なアカウントを作るために下記のアドレスにアクセスし、必要事項をご記入いただき送信
>> して、
>>
>> http://hanau.me/contact
>>
>> そうするとパスワードをメールにて返信されるので、トップメニューの
>> ”Login”をクリックし、メールアドレスとお送りしたパスワ
>> ードを入力しログインしてください。
>>
>> 投稿方法は、ページ内”管理・投稿の説明”を見てください。
>>>>
>>   もしなにかあれば、planeta web site 管理者 服部真樹さんへ問い合わせてみてください。
>> mail:planeta.hpp@gmail.com







野球では、なんといってもピッチャーが試合の鍵をにぎっているように、世の中の本質もまた、そういうポジションにいてる人が正当に評価され、いいピッチャーは結果をのこし尊敬される存在になるべきやと思っている。それが本質やし、きっと花業界も同じやと思います。





   コレ、サイト内にあるplanetaの趣旨です→ http://hanau.me/about

草木でもって成る人の縁は無限の可能性があると思います。少しでも多くのひとにプロの花仕事を見てほしいと思っているし、これが自分の好きな花人や華道家やアーティストやデザイナーと出会えるような場所いなれば!と思っています。 


>> ひとの心を打つ仕事というのはそれが記憶にのこり、ひとの意
>> 識を変え、やがて世の中を変えていくと思います。
>> ビジュアルがものを言うこの時代、それを記録として保存して
>> いくことは意義があると信じています。


協力してや〜
posted by seijun at 00:31| unforgettable flower,  いつまでも